のらりくらり

なんでもない日常を綴る雑記ブログ

アイマス題材の実写ドラマ。『アイドルマスターKR』第1話 感想

f:id:kei1224:20170713224517j:image
そういえばすでに「アイドルマスターKR」が配信されているんだなーと思い、アマゾンプライム会員に登録しました。
アイドルマスターKRは発表当初は散々な言われようでしたが、いざ配信が始まると評価は中々高いですね。
実際に視聴しているP達からは好評な様子。
アケマス、箱マス、SPと初期のアイドルマスターを知っているPならば楽しめる、と。
それならばSPからアイマスに入った私でも楽しめるに違いないと試しに見てみることに。
とりあえず第1話だけ見たので、感想を書きます。
今後の参考にどうぞ。

アイドルマスターKR 第1話 感想

 

まずはOP。
確か日本でもすでに発売されている楽曲で、アイドルマスターKRオリジナルの曲です。
日本語の歌詞を見たところかなりアイマスっぽく、皆で一緒に!的な感じでした。
曲名は忘れましたが、DREAMかone for allのどちらかだったはず。
765本家を知っている人ならもうお分かりですよね。
そう、どちらの曲名もアイドルマスターに関係があるタイトルなのです!
DREAMは876と765のアルバムに収録されて発売された曲で、ついでに言うと私が全アイドルマスターの中で1番好きな曲になります。
ゆりしー雪歩のDREAMを聞いて雪歩Pになった思い出深い曲です。
それまでは千早が1番好きでした。
one for allはPS3用で発売された765のゲームタイトル。
初めて765に触れるという人におすすめのゲームです。

で、本編の話。
最初なので導入編という内容で、765のようなメイン事務所にアイドル達が集合するまでの話でした。
事務所名もきちんとアイマスをしており、825だか826だかの数字。
不思議な社長と若そうな事務員、大手事務所の元プロデューサーである有能なカンプロデューサーも登場。
社長とカンプロデューサーは何だか秘密がありそうなので、今後秘密が色々と明かされていくのでしょう。

メインのアイドル候補生は10人。
765より3人少ないですが、いかんせん顔と名前が一致しない。
とりあえず、唯一日本人が演じているユキカだけ覚えました。
まだまだバラバラなアイドル達が今後どのようなアイドルに成長していくのか期待!
特に、双子の片割れが元有名アイドルである女の子と、小さい頃からずっとアイドルに憧れていたストイックな女の子の2人がどうなるのか気になります。
上手くいけば、はるちは・うづりん的な関係を築いてくれそうですが。
まあ、最初はお互いに反発しそうですねぇ。
ストイックな子は北沢志保みたいですし。
双子の子はおそらく無理矢理アイドルデビューさせられるパターンですかね。
アイドルになりたいのに「華がない」と言われて中々デビュー出来ないストイックな女の子と、かたや元有名アイドルである双子の片割れと瓜二つの顔で人気アイドルになれそうな女の子(顔が同じ故の苦しみがある模様)。
アイドルに憧れている女の子からしたら、自分に無いものを全て持っている女の子が羨ましくて仕方ないでしょう。

韓国ドラマ特有の重さを上手くアイドルマスターに当てはめたな、と思います。
今のところ普通に面白い。
カンプロデューサーがアイドル候補生達をどのようにプロデュースしていくかも気になります。

EDは、THE IDOLM@STERのカバー。
韓国版は更にぴこぴこ感がアップしています。