のらりくらり

なんでもない日常を綴る雑記ブログ

フリーランスになろうと思ったきっかけ、理由

数年後も会社で働いている姿が想像出来なかったから

昨年会社を退社して、早いもので半年経とうとしています。

まあ、前々から鬱や何やらで会社に迷惑をかけていたので、休職期間にフリーランスでやっていこうと色々と模索していましたが。

休職中に自分の将来について真剣に悩みました。

病院の先生に話を聞いてもらったり、何でも相談出来る仲の良い親友にも相談したり。

とにかく自分の中でうんうん考えました。

迷惑をかけたくないと、何となく両親には相談出来なかったですけど。

完璧で何でも出来る父親は自慢でもあり、子供としては重荷でもありましたから。

 

結局フリーランスになろうと思った理由は、数年後も会社で働いている自分をまったく想像出来なかったから。

1年後の自分を想像するだけで吐きそになりました。

逃げ」だと思われるかもしれませんが、会社員として自分はやっていけないと思ったことが理由です。

 

 

フリーランスを選択したことを後悔しているか?

会社に勤めずフリーランスとしてやっていくことを私は選択しました。

20代前半でフリーランスを選択した自分は馬鹿なのかもしれません。

でも、元々夢であった「活字に携わる仕事」を今は、フリーライターとブログで叶えることが出来て満足しています。

 

後悔はしていません。

 

何とかギリギリ生活可能なお金は毎月稼げているので、これからは更に稼げるようにするというのが今後の目標です。

 

今の時代パソコン1つあれば、稼げる額はピンからキリまでありますがお金は手に入ります。

まずは恐れずに1歩踏み出すフリーランスになって初めてチャレンジ精神の大切さを勉強出来ました。

周りと同じように何となく会社員でいるのもいいけれど、その流れに逆らって生きていくのもありだと思います。

現に、大学を中退後に会社を立ち上げて頑張っている友達がいます。

かなり自由な子で少し変わっている友達ですが、信念を持ち頑張っている姿に感銘を受けました。

 

人にはそれぞれの人生がある。

とにかく今は自分を信じて行けるとこまで行きたいと思います。