読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらりくらり

なんでもない日常を綴る雑記ブログ

アイマスライブにおいてのコールの楽しさ。Mマスのコール問題

f:id:kei1224:20170210232950j:image

明日からアイドルマスターSideMのライブが始まります。

女性向けのアイマスで、「アイマス系のライブに初めて参加するー」みたいな女性は多いでしょう。

声優が目当てで入ったり、デレステやら他のアイマスシリーズから入ってきたり様々だと思います

 

で、アイマスライブで毎回起こるのはコール問題。

特にMマスは、女性向けでありながらもアイマスライブのため、765ASやデレミリと同じように普通にコールがあります。

今までうたプリなどのがっつり女性向けのライブにしか行ったことのない女性で戸惑う人は多いみたいです。

初期は、歌が聞こえないからコールするな、と喚いていた女性もいたそうですが。

そこで持論ではありますが、アイマスのコールについての楽しさや意義を勝手に語りたいと思います。

 

アイマスに対しては基本イエスマンです。

公式の微妙な発表に対しては愚痴りながらも、最終的には「アイマスだから仕方ないか」で捉えるPです。

 

 

なぜコールするのか

一体感を感じられる

コールは同僚Pたちと一体感を感じられるので私は好きです。

ライブ会場に行くと周りはどうしても男性ばかりなため萎縮してしまいますが、ライブが始まったらそんなことは関係ありません。

同じプロデューサー同士、今ここでアイドルの晴れ舞台を見れている、楽しんでいる、との一体感をかんじることが出来ます。

1つのことに対して皆で一生懸命になれるのは楽しいです。

楽しみや感動を分かち合える

ライブを盛り上げ、テンションが上がり、ガールズのパフォーマンスや言葉に一喜一憂する。

何というか知らぬ間に左右のプロデューサーさんと仲良くなれ、感動を分かち合えているような気がしています。

精一杯ライブをプロデュースするため

ライブを盛り上げるための少しのお手伝い、という風にも私はコールを捉えています。

コールに一生懸命になり過ぎてパフォーマンスを見るのが疎かになっていはいけないので、ステージに集中できる範囲内でのコールですけどね。

 

 

コールに決まりはない、やるかやらないかは自由

コールは別に強制ではありません。

テンションが上がってきたからコールする、何となくコールしてみる、どんな理由でもOKです。

集中して聞きたい曲は、コールしない。

ええ、良いでしょう。

私も雪歩のソロや、思い入れがあるお気に入りの曲はコールをしていません。

周りに迷惑をかけない範囲でコールをすればいいと思います。

有志のコール本がありますが、コール本通りのコールをする必要だってありません。

 

初めてMマスのライブに参加して、「コール嫌だなー」と思ったら根本的にアイマスライブに向いていないかと。

アイマスライブはコールが根付いているためコールについては諦めて下さい。

我慢するか慣れるか、それとも現地に比べたらコールが少ないLVにするか。

Mマスは完全に女性向け、というような作品ではないかと。

他の女性向け作品と同じようになことをMマスに求めている人には「アイマス」は辛いジャンルだと思われます。

Mマスもアイマス、それを忘れないで下さい。