読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらりくらり

なんでもない日常を綴る雑記ブログ

アイドルマスター プロデューサーミーティングの感想と765プロの未来

f:id:kei1224:20170130130641j:image

昨日は765プロの全員が久しぶりに揃ったイベント、アイドルマスター プロデューサーミーティング2017に行ってきました。

ASが勢揃いしたのは確か7th以来だったので、5年ぶりに765プロが揃った光景に感動しました。

たくさん書きたいことがあるので簡単に感想をまとめたいと思います。

プロミを通して思った765プロの未来についても私なりの意見を述べようかと。

 

 

プロミの感想

印象的なのは、ガールズの晴れやかな笑顔。

久しぶりの復帰のガールズも、今までの参加していたガールズも、皆変わらず暖かい笑顔でした。

そして涙ぐんでいる場面では、こちらも貰い泣き。

 

トーク&アフレコ

f:id:kei1224:20170130130739j:image

ありがとう765プロ

この一言に尽きます。

私がずっと見たかった765プロがそこには居ました。

デレやミリのライブにも行きますが、心の奥底ではずっとASを求めていましたから。

デレマス、ミリマス、Mマス、876、全ての原点であるAS。

まだまだ戦える、春香達は続いていける、終わらないと思いました。

 

10年以上苦楽を共にしたキャストの掛け合いは最高で、安定感が違います。

信頼と仲の良さがあるからこそ本気で殴り合える素晴らしさ。

これは長寿コンテンツにしか出来ない強みだと思います。

アドリブばかりのトークやアフレコという名の殴り合いでは、お腹がよじれるほど笑わせてもらいました。

特に、キングのPPAPの破壊力は酷かった(褒め言葉)。

油断していると突然背後から襲いかかってくる感じが正に765プロ

キラーパスが凄すぎ。

途中参加組のあずみん、ぬー、はらみー、あっきーがお姉さん方に立派に絡んでいき、笑いを取れているところに成長を感じました。

 

個人的にプロミで1番興奮した場面は、あずみんのイケボ。

私は雪歩Pなので、「雪歩が、雪歩がイケメンだ……!」だとめちゃくちゃテンション上がってました。

だってずっと前から「雪歩はイケメン路線でもいける!」って私言いふらしてましたから!!

それが現実になったので悔いはない。

イケメン雪歩、あずとい雪歩、可愛い雪歩、美人な雪歩を見ることが出来たので大変満足しています。

 

ライブ

f:id:kei1224:20170130130815j:image

開幕に団結2010、玲音が1曲、PSの曲とプロミのための新曲、あとTHE iDOLM@STERを披露してくれました。

 

団結2010は生で聞いたのが初めてだったので、かなり良い思い出になりました。

初日のチェリーも良かったです。

団結2010はカラオケで歌うとネタ曲と化してしまいますが、実際に聞くとまったくそんなことないですね。

あさぽん亜美真美の切り替えの早さ、本当にあさぽんは天才。

全員が揃わないと歌えない歌なので、次聞けるのはいつになるのでしょうか。

 

PS曲は、やはり何と言ってもアマテラスが素晴らしすぎました。 

ゲーム内の専用衣装もめちゃくちゃ可愛いですし、サビの歌詞も可愛いんですよ。

「大好きだよ」、「抱きしめたい」、「手を伸ばして」、「君がいれば」などなど。

サビが好きすぎてヘビロテしてます。

雪歩に似合いますしね。

神々しさというか尊さというか、とにかくオーラがある楽曲です。

ダンスも可愛い、意外とよく動くという。

アマテラス聞いたら多分誰もが幸せになれると思います。

 

ザ・ライブ革命でSHOW! も最高でした。

待ち受けプリンスみたいに盛り上がる曲で、ハロプロ感があるので大好きです。

765プロらしい楽曲。

コールも楽しい!

一体感があって皆でアイドルを応援しているんだ!という気持ちになれます。

 

おそらくライブで1番盛り上がったに違いないのが「紅白応援V」でしょう。

紅白に分かれてのコールがかなり楽しかった!

私はたまたま白になれたので、雪歩がいる白を全力で応援。

歌詞とコールの「いいじゃん」がどうしても仮面ライダー電王を思い出させるという。

これぞアイマスライブ!という感じでしたね。

紅白応援Vの間はたぶん世界で1番盛り上がっていたと思います。

 

曲数は少なかったですが、その分1曲1曲の完成度が高かったライブでした。

ギュッと中身が濃かったです。

 

最後に。

アサミンゴスPではないですけど、キラメキラリをのサビを、フルを聞きたかったぁぁ!!

 

765プロを長年プロデュースし続けてきたPが楽しめた 

f:id:kei1224:20170130131338j:image

twitterで色々と感想を見ていると中にはプロミの酷評もありました。

たくさんのPがいるので、全員が納得するようイベントやライブを行うのは難しいと思います。

曲が少なかったからプロミを楽しめなかった、という意見がありました。

今回は別にライブと銘打っている訳ではないので、そこは事前に調べたりしなかった自分が悪いのでは?と思いましたが。

 

トークやアフレコで小ネタが色々と出てきたので、今回のプロミに関しては、長年アイマスを愛し続けてきたプロデューサーが楽しめたイベントだったと思います。  

お姫様ティアラ、キャストの長年の想い、これからの765プロの未来、ASに愛着がないと心に響きませんし思い出にも浸れません。

ライブもライブで楽しいですが、ガールズの思いを知ることが出来る今回のようなイベントもかなり楽しめます。

私は、担当している萩原雪歩について改めて思いを整理することが出来ました。

765プロと共に10年後も20年後も30年後も歩んでいきたい、そう思わせてくれるイベントでした。

アイマスに、765プロに、ASに、ガールズに、個々に担当しているアイドル達への思いが無いと楽しない、今までの思い出に浸れないイベントだったのではないでしょうか。

 

今までSPからゲームを通してプロデュースしてきましたからね。

何度もオーディションに落ちましたし、勝てないアイドルもいました。

その度にレッスンをして衣装を考えて曲も何が合うかを考えて乗り越えてきました。

私は、リズムゲーやポチポチゲーだけだとアイドルのことを深く知れなくて、プロデュースしているという気持ちも湧きません。

中村先生は、「プロデュースはどんな形でも良い」とおっしゃっていましたが。

雪歩についてはまた今度長々と語りたいと思いますが、ゲーム内のプロデュースを通し性格や深いことを知って心惹かれました。

きっかけは歌声で、そこから時間をかけて萩原雪歩の魅力に気付きました。

実は、最初は千早目当てでアイマスを初め、雪歩は苦手だったことを暴露しておきます。 

深く知れたのはASなので、語れと言われたら何日でも語れると思います。

内面で好きになった、という人はASのPに多いのでは?

デレやミリ、Mマスにも私は担当アイドルがいますが、ぶっちゃけ顔で選びました。 

デレとか人数多すぎでメイン意外はぞんざいな扱いですからね。

ボイスも付いてないし。

内面を知ろうにもそこまで深く掘り下げられてないという。

正直、雪歩ほど深く語れません。

 

何が言いたいのかよく分からなくなってきましたが、私が思うに、アイドルの内面も深く知ることができ、共に濃厚な時間を過ごせるのが765プロASの魅力なのかな、と思います。

765あってこそのアイマス

 

 

765プロの未来 

f:id:kei1224:20170130131613j:image

プロミを通して765プロはまだまだ未来がある、ということが分かりました。

まだまだ終わらない、30年後もアイマスでありたい、とガールズのアイマスに対する思いを聞けました。 

 

 

「歌だけのステージがしたい!」

 

ミンゴスが最後に口にした言葉です。

まるで、ガールズや私達Pの気持ちを代弁してくれているようでした。

千早とミンゴスの姿がダブった瞬間にも見えました。

千早とミンゴスの本心でもあったのだと思います。

 

アイマスが続く限りライブを見たいです。

とはいえ、ガールズの年齢が上がっていくことでそれが難しくなっていくのも事実。

ガールズの中には小さいお子さんがいらっしゃる方もいますし、結婚をして家庭を持っている方もいます。

30,40歳になって体力的にライブが難しいのは誰もが理解しています。

しかし、ライブをしたい、という気持ちは皆同じなのです。

 

そこで登場したのが天海春香のモーション。

驚いたのはその場でアクターがいて、モーションしていたこと。

で、中村先生がその場で生で声を当てる。

765プロの新たな未来が見えたような気がしました。

将来この技術が進んでいけば、3次元で春香達13人がライブを開催する未来があります。

ガールズと春香達が共演する可能性もあるかもしれません。

ガールズへの負担も減りますしね。

 

765プロASはまだ先がある。

それが分かっただけでプロミは十分価値があるイベントでした。 

どんな形であれ、765プロが続く限りアイドルマスターを応援し続けていきたいと思います。