読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらりくらり

なんでもない日常を綴る雑記ブログ

マリオランへの課金1,200円が高いか安いか

ニュースやtwitterでも課金はどうなのか、みたいなことばかり言ってますが実際どうなのか。

とりあえずゲームの内容を確かめるために、ダウンロードしてどんなものか遊んでみました。

上手く纏まりませんでしたが、思ったことや考えを書いてみたのでどうぞ。

 

1,200円の課金に対し思うこと

ゲーム内容は、自動で進むマリオに対しタップしてジャンプさせたりして横に進むゲームです。

ステージ攻略、カラーコイン集めとそれなりにやり込み要素はありそう。

で、本題の課金についてです。

1-3までが無課金でできるステージですが、それ以降のために課金しようとは私は思えませんでした。

そもそもマリオに対してそこまで思い入れがないため1,200円は高いと思いました。

ゲームも面白い!と感動する内容ではなかったのも理由です。

課金すると面白いらしいですが、その面白さをもう少し体験したかったですね。

 

 

 

課金は作品への愛と自分の充実感や満足感

そもそもスマホゲームに課金する理由は何でしょうか。

強くなりたい、コレクション、好きなキャラが欲しいから、そう言った理由がほとんどでしょう。

つまり、課金するゲームや作品に対して少なからず愛があるから「これくらいなら…」と課金をするわけです。

私もソシャゲやスマホゲームに課金しますが、マリオランと違って抵抗はありません。

その作品が好きで、大好きなキャラクターが欲しいから課金するのです。

課金をして本人が満足感が得られるなら外野がとやかく言うことはないと思います。

マリオランへの課金もマリオを好きな人は速攻で課金するでしょうし、マリオランが面白いと

思った人も課金するでしょう。

 

 

マリオランの課金モデルと今後

ソシャゲやスマホゲームのだいたいは、ガチャを売り上げにしています。

終わりがない集金システムを確立しています。

それに対してマリオランは、1度1,200円課金すればそれ以上お金を払わなくていい。

ゲームをよくやる身としてはゲームソフトと同じで、1度お金を払ってしまえばずっとゲームができるのは嬉しいですし、それがゲームの本来の姿に思えます。

しかし、マリオがスマホでそれをできるのは、タイトルの知名度が高く世界中で有名なこと、企業に体力と力があるからだと思います。

ソシャゲは小中企業が出してるとこも多いです。

そこに、マリオランと同じような形態で出せ、と言っても企業の資金力、タイトルの知名度的に無理でしょう。

 

これから出るスマホアプリゲームは、ぼくのなつやすみファイアーエンブレムどうぶつの森とビッグタイトルが続々と控えています。

マリオランと同じ形態になるかは分かりませんが、大企業はスマホアプリゲームに新たな風を起こしてくれました。

基本無料ゲームの課金による集金は変わらないとは思いますが、マリオラン形態で、よりクオリティが高いスマホアプリゲームが出るように期待しています。