読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらりくらり

なんでもない日常を綴る雑記ブログ

『劇場版 艦隊これくしょん-艦これ-』の感想と勝手な考察っぽいもの

f:id:kei1224:20161215135955j:image

先日やっと観に行ってきました。

TVアニメが散々の出来だったので、映画も不安で公開してすぐに行くのは躊躇してたのですが、TVアニメより面白いとの感想が多かったので期待して観に行きました。

では、感想はネタバレしない程度に、考察っぽいものはネタバレして書きたいと思います。

 

 

感想

最初から良い!

TVアニメと違って、かなり戦闘に力が入っているのが分かりました。

艦娘1人1人をきちんと丁寧に描いてくれてるのが分かりましたし、スピード感と迫力がTVアニメとは段違いです。

アーケードは別ですが、ゲームだと分かりにくい戦闘シーンを映画ではやってくれています。

探照灯や閃光弾は捨て身というかなんか凄い。

いつも矢矧に持たせてれるけど、あんに体張ってくれてるのね……

 

そして最初の戦闘は、重巡大活躍!

やっぱり時代は重巡だね!! 

 

それはさておき、あれです、TVアニメでやって欲しかったことを映画ではやってくれています。

映画はギャグ回が無く、終始深海棲艦の話がメインで若干重めです。

知りたかったことを映画を通し公式が口にしてくれたのは有難いです。

公式、良い仕事した。

 

ただ、後半の吹雪の話に入ってからが微妙。

前半は核心に迫る話と戦闘と見所満載だったのに、吹雪からがうーん。

言いたいことは何となく伝わってくるけど、結果よく分からずじまい。

一言でいうと雑。

もう少し何とかならなかったものか。

有終の美を飾ってほしかった。

 

 

まとめ

とまあ愚痴もありながらの感想でしたが、『劇場版 艦これ』は概ね満足できる出来でした。

もし観に行くのを迷っている人がいたら、私はぜひ観に行くことを勧めます。

観て損はしない筈です。

特に深海棲艦に対する公式からの答えを知ることができ、艦これの世界についての考察などが捗ります。

ただ、艦これ全体のしっかりとした知識とTVアニメ版の知識がある程度ないと面白くないので、そこは注意です。

 

 

劇場版艦これとブラウザ版艦これ

深海棲艦は轟沈した艦娘がなる、ということが映画で分かりました。

前々から深海棲艦の見た目や言動で、もしかして…?と提督達の間では噂されていましたが、やっと公式から答えが出たのです。

で、「稀に深海棲艦だった事を覚えている艦娘がいる」みたいなことを劇場版では言っていました。

しかも皆忘れているだけで、ドロップした艦娘は皆深海棲艦だった、とも。

ブラウザ版と世界観が共通だとしたら、そちらもドロップした艦娘は元深海棲艦。

でも敵は元艦娘。

終わらない戦いですが、劇場版では「艦娘が誰も轟沈しないで深海棲艦を倒せれば闘いを終わらせることができる」と、それを目指して頑張る形で終わりました。

私たち提督の最終目標もおそらくきっと同じでしょう。

それの目標を達成するためにずっと1人で頑張っていたのが、どうやらアニメ版提督の様ですしね。

 

艦娘から深海棲艦、深海棲艦から艦娘と延々と続くループ。 

悲惨なループを断ち切る方法がないのか、気になるところですがね。

私が気になるのはその後です。

深海棲艦を全て倒した後、艦娘達はどうなってしまうのか。

媒体によっては、適正がある人間が艦娘になっめいたりしますが、ゲームやアニメではそのことに何も言及していません。

消えていなくなるのか、平和に暮らしていくのか、それとも人類はまた過ちを犯すのか……