読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のらりくらり

なんでもない日常を綴る雑記ブログ

4DXとMX4Dの違い

映画

映画館で映画を見るとなると、2Dか3Dが一般的でしたが、ここ最近になって4DXMX4Dという見方も出てきました。

私はどっちも体験しましたし、今これを読んでくれている人の中にも体験した人がいると思います。

何か分からない人もいるかと思うので説明すると、4DXとMX4Dというのは映画を「体験型」で楽しむ上映です。

どちらも座席が前後上下左右に動き、風や香りや煙の演出があり、まるで遊園地のアトラクションの様でかなり楽しいです。

で、4DXとMX4Dはどちらもそれらを楽しめるのですが、名前に違いがあります。

どっちも体験しましたが、席が違うくらいにしか思わなかったです。

名前が違うということは、何かしら違いがあるということで、4DXとMX4Dの違いを調べてみました!

 

 

4DX

f:id:kei1224:20161206113831j:image

・開発は、韓国のCJ 4DPLEX社

・「前後上下左右への動き」「背中への衝撃」「地ひびき」「耳・首筋へのエアー」「足元に何かが触れるような感覚」

・9種類のモーションが特徴

「風」「水」「霧」「雨」「嵐」「雪」「香り」「煙」「フラッシュ」「バブル」

・値段

通常チケット代+1,000円(3Dになるとプラス300円)

・ライバルは、アメリカのMediaMation社が開発したMX4D

引用元:4DX - Wikipedia

 

4DXが初めて使われた映画は2009年公開の「センターオブジアース」だそうです。

ついでに、4DXは水のオン/オフ機能があります。

 

 

MX4D

f:id:kei1224:20161206112909j:image

・開発は、アメリカのMediaMation社

・座席が上下左右前後に動く

・11種類のモーションが特徴

「首筋への感覚」「背中への振動」「香り」「霧」「風」「水」「突き上げ」「地ひびき」「足元への振動」「ミスト」「ストロボ」

・料金

通常チケット代(映画の日などの割引可能)+1,200円or1,000円

・日本ではTOHOシネマズだけが導入しているシステム(MX4D™ || TOHOシネマズ)

引用元:MX4Dついて教えてください。 | TOHOシネマズ よくあるお問い合わせ

 

MX4Dは4DXよりモーションが多いのが特徴です。

他はあまり変わりませんが、MX4Dは水のオン/オフ機能はありません。

 

 

4DXとMX4Dを両方体験した感想

どっちも思っている以上に揺れる!

初めて体験する人は、揺れに絶対驚くと思います。

モーションの違いがありますが、実際映画を見ても違いはまったく分からないのが現実です。

ただ、どちらも体験型なので、映画を見るというよりはアトラクションに乗る、という感じ。 

そのため、じっくり映画を見たい人、乗り物酔いしやすい人にはお勧めしません

 

 どちらも派手に動く映画やアクション映画と相性が良い。 

例として、ガルパン・マッドマックス・シンゴジラ

上記の映画は全て4DXやMX4Dで見ましたが、最高に揺れて楽しかったです。特にガルパンとマッドマックス!

と言っても、映画は人によって合う合わないがあるので、事前に何の映画の4DXやMX4Dの評判がいいのか調べてから挑んだ方がいいかと。

値段もバカにならないので。

 

日本は映画料金が高いというのもあって、最近は映画館まで映画を見に行く人が少ないと聞きます。 

安くレンタルして、家で見ればいいみたいな人が多いとか。

が、4DXとMX4Dは「映画館でしか楽しめない体験型アトラクション」という新たな映画のジャンルを生んでくれました。

料金は高いけど、それに見合う価値があると思います。

これからは通常の映画を作りつつ、4DXやMX4D向けの映画も作って欲しいです。

 

こちらも合わせてどうぞ

MX4Dで見たファンタスティックビーストの感想 - のらりくらり

 

広告を非表示にする